一括で任意保険見積もり!

団体保険

団体保険

会社勤めをしていて、団体保険に加入してる
なんて方も多いかもしれません。

 

 

労働組合で一つの保険会社と契約していたり、
大企業なんかは複数契約していて
選べるようになってるところもあるみたいです。

 

 

一般的な契約内容と同じで
団体割引が適用されるので、
検討してみるのも良いかもしれません。

 

 

ではダイレクトと団体保険、どっちが安いの?
という疑問を持たれるかと思います。

 

 

結論を申し上げますと、
団体保険の方が安い場合が多いかと思います。
割引率も違うだろうし、
もちろん保険会社によって保険料も違うので
全て安いとは言い切れませんが…

 

 

ただ、気を付けなければいけないのは
団体で代理店契約としているということです。
団体保険に加入してる方で
会社の担当者に任せっきりで
代理店と話をしたことがないという方も
多いのではないでしょうか?

 

 

代理店は上のページでも書いた通り、
必ずしも保険の知識に長けてる訳ではありません。

 

普段から積極的に話をして、
もしもの時にパイプを太くしておく
ということが必要
ですね。

 

 

 

では、ここで団体保険の注意点。
会社の団体で加入しているとなると、
退職した時にどうなるのか。

 

 

これは保険会社によって違うので
確認する必要があります。

 

 

どんなケースがあるかと言うと…

 

 

・自動的に脱退
継続できないケースです。

 

・退職者向けの団体保険
継続できなくても、
代替商品が提示されるケースです。
退職者だけで団体保険を
契約している会社もあるようです。

 

・そのまま継続
銀行振替、クレジットカード決済など
支払いの方法が変わってしまいますが、
そのまま継続できるケースです。

 

・条件替わりで継続
補償内容が悪くなってしまいますが
そのまま継続できるケースです。
支払方法は銀行振替、クレジットカード決済
に変わります。

 

 

以上のような例が挙げられますので
退職される際には気を付けて頂きたいと思います。

 

 

次ページへ(選ぶ際の注意)

 

このページの先頭へ

 

TOPページへ


ホーム RSS購読 サイトマップ