一括で任意保険見積もり!

過失相殺

過失相殺

他のページでも少し紹介されていますが、
「過失相殺(かしつそうさい)」
についてご紹介します。

 

 

事前に知っておく知識でもないかもしれませんが、
もし事故に遭遇してしまった時の賠償の仕方なので、
目を通していただければと思います。

 

 

分かりやすくイメージして頂くために、
極端な例を出してみます。

 

 

交差点で自分は青信号で直進したけど
正面から右折で突っ込んできた車に追突、
事故になってしまった
としましょう。

 

 

右折してきた車はよそ見をしてたかもしれませんし、
「行けるだろう」と強引に
突っ込んできたかもしれません。

 

 

青信号で直進してたんだから
過失はないと思うかもしれませんが、
どんな状況であれ、車が動いていれば
過失が発生する可能性は高いです。

 

 

ということで、
どちらとも車が50万円の損害でケガはなし、
加害者の過失 8:2 被害者の過失
だとして計算してみます。

 

 

まず、自分の過失分
被害者50万円×0.2=10万円
加害者50万円×0.8=40万円

は自己負担。

 

 

そして双方、自分の過失分は
相手に賠償しなければいけないので、

 

加害者は被害者の損害
50万円×過失80%=40万円

 

被害者は加害者の損害
50万円×過失20%=10万円

 

を支払わなければなりません。

 

 

ここで相手に支払う分を
差し引きすることを
過失相殺と言います。

 

要するに、
40万円-10万円=30万円

 

加害者は30万円を被害者に支払う
ということになります。

 

 

よって、加害者は
40万円(自己負担)+30万円(過失相殺)
で70万円の負担

 

被害者は
10万円(自己負担)+
(残り40万円-30万円(過失相殺))
で20万円の負担
ということになります。

 

 

基本的に任意保険に加入していれば、
保険会社が計算してやりとりしてくれるので
自分で計算することもないですけど、

 

 

こんな計算で支払いが行われているんだ
というイメージを持っておいて頂ければと思います。

 

 

次ページへ(代理店型)

 

このページの先頭へ

 

TOPページへ

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ