一括で任意保険見積もり!

事故を起こして受ける処分

事故を起こして受ける処分

交通事故を起こしてしまうと
色んな責任を負わなければいけませんが、
実際に受ける処分は…

 

 

・民事処分
・行政処分
・刑事処分

 

この3つになります。

 

 

 

民事処分は交通事故を起こしてしまった際に
他人を死傷させてしまった場合、
その程度に応じて決められた
賠償金を支払わなくてはなりません。

 

 

行政処分は交通違反に関する処分です。
違反の点数に応じて免許の停止や取り消し、
反則金の支払い
があります。

 

 

刑事処分は民事処分とややこしいところですが、
こちらは交通事故の程度に応じて
問われるのは社会的責任
場合によっては禁固刑や懲役刑が科せられます。

 

 

では交通事故を起こしたら
全ての人が処分を受けなければいけないか
と言ったら、そうではありません。

 

人身事故及び建造物損壊事故の場合にだけ
付加点数が付きます。

 

通常の物損事故の場合は
点数が加算されることはありません。

 

物損事故を起こしても道路交通法違反がなければ
無事故、無違反扱いです。

 

 

よく交通事故が起こると
物損事故で処理したがる人がいますが、
人身事故扱いになってしまうと
上記の処分を受けることになるからです。

 

 

もし被害者になってしまった時
物損事故での処理を迫られたとしても、
身体の様子が少しでもおかしいと感じたら
病院で診察を受けるようにしてください。

 

被害者なのに自分から損をすることはありません。

 

 

次ページへ(過失相殺)

 

このページの先頭へ

 

TOPページへ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ