一括で任意保険見積もり!

料率クラス

料率クラス

料率クラスとは、
車種よりももっと細かい型式で
設定されているもの
で、
損害保険料率算出機構が毎年決定しています。

 

 

●対人賠償保険
●対物賠償保険
●搭乗者傷害保険・人身傷害保険
●車両保険

 

 

この4つの項目で設定されています。

 

 

各項目で1〜9まで設定されていて、
数字が大きいほど保険料も高い
ということになります。

 

 

では、どうやってこの料率クラスは
決まっているのか。

 

全国的に事故や盗難が多かった型式は
翌年から料率クラスが上がったり、
その逆があったり…

 

 

自分は無事故でも
他に同じ型式の車に乗ってる人が
たくさん事故を起こしてしまった場合、
料率クラスが上がってしまって
保険料がそんなに下がらない、
極端に言うと保険料が上がる
なんてこともあるかもしれませんね。

 

 

車両保険なんかは極端に考えると
わかりやすいかもしれません。

 

高級車は事故を起こした時に部品代が高いけど、
軽自動車は安いですよね。

 

 

ということで、元々決まってしまっていることなので
保険料は料率クラスから決められてるよ、
毎年変わるもんだよくらいの
認識でいてもらえれば大丈夫だと思います。

 

 

もちろん、自動車を購入後の
保険料も選ぶ際の基準だと言う方もいると思うので、
その場合は損害保険料率算出機構
問い合わせてみるのも良いかもしれません。

 

 

次ページへ(事故を起こして受ける処分)

 

このページの先頭へ

 

TOPページへ


ホーム RSS購読 サイトマップ