一括で任意保険見積もり!

対物賠償保険

対物賠償保険

無制限
での加入が一般的。

 

(使うと等級が下がります。)

 

 

 

 

他人の自動車や建物など、
財物に損害を与えた場合に
支払われる保険金が対物賠償保険。

 

自賠責保険では補償されません。

 

1000万円・3000万円・5000万円など
選べる範囲は広い
ですが、
店舗に突っ込んでしまったり、
踏切から出られなくなってしまって
損害を出してしまった場合、
賠償金が1億円を超えるケースもあるので
無制限がオススメです。
(免責を設定する保険会社もあり。)

 

実際、ほとんどの方が
無制限での加入をしています。

 

(例えば、アクサダイレクトでは
86.9%の方が無制限、
2000万円が4.7%、1000万円が8.4%
という加入率になっています。)

 

 

自賠責保険は対象外なので、
対物賠償保険に加入がなければ
全て自己負担
ということになってしまいます。

 

 

対人賠償保険と同じですが、
こちらも自分のものや家族のもの
(自分が親の車に衝突してしまった)は適応外。

 

 

事故でありそうなものとして、
ガードレール、信号機、電柱なども
対物賠償保険から支払われます。

 

 

もし損害を与えてしまった自動車が業務車の場合、
利益に関わってくることなので、修理代の他に
損害賠償をしなくてはいけないケースも。

 

 

踏切で脱輪などして閉じ込められ、
電車の運行に損害を与えてしまった。
これも損害賠償の範囲になってきます。

 

 

ガードレールや標識、
信号機にぶつかって損害を与えてしまった場合は
数十万とか数百万で済むかもしれませんが、
家に突っ込んでしまった、
店に突っ込んでしまったというケースは
1億円の損害賠償を超えることもありますし、
荷物を積んでるトラックに突っ込んでしまった場合は
2億円を超えるケースもあります。

 

 

 

次ページへ(搭乗者傷害保険)

 

このページの先頭へ

 

TOPページへ


ホーム RSS購読 サイトマップ