一括で任意保険見積もり!

人身事故の対応

人身事故の対応

このサイトでは見積もりを主に
解説させて頂いていますが、
任意保険に初めて加入する方だったり
加入はしてるけど交通事故に遭遇した時に
どういう行動を取ったらいいのか分からない
という方もいるかと思います。

 

 

そこで、このページでは万が一交通事故に
遭遇してしまった場合はどうすれば良いのか?

というのを解説していきます。

 

 

まずは人身事故の場合です。
車を運転中に歩行者と接触してしまった、
前で停まっている車にぶつかってしまったなど
人身事故になるパターンは様々ですが、

 

「負傷者はいるのか、程度はどのくらいなのか」
ということを一番最初に
確認しなければいけません。

 

 

もちろん、負傷者がいなければ
人身事故にはなりませんが、
示談が成立するまでにケガなどが
報告されれば、人身事故になります。

 

事故の時点でケガはないという
話しになったとしても、
後々痛みが出てきて病院に行ったら
むちうちと診断されて、
会社を休まなくてはならなくなった。

 

なんてことは結構ある話です。

 

皆さんも被害者になってしまった場合、
何ともなくても一度、
病院で診察を受けた方が良いです。

 

示談が成立してから症状が出ても
泣き寝入りするしかありませんので。

 

 

では確認が終わった後はどうするか。
その場から動けないような大きなケガの場合は
仕方がありませんが、
そんなに大きなケガではないという場合。

 

車が動くかを確認して、
速やかに路肩や駐車場など
安全な場所に移動してください。

 

事故に遭遇してしまった時には、動揺してしまって
冷静に判断ができないかもしれませんが、
2次災害や交通混乱は防がなくてはなりません。

 

 

では次に、警察or消防署への連絡です。
警察に連絡を入れると救急車の必要を
確認されますし、
消防署に連絡を入れると、
消防署から警察に連絡が行くことになってますので
どちらに連絡をしてもかまいません。

 

 

あとは警察や消防署の方の指示に従う
ということになりますが、
いくら小さい事故でも警察に連絡をしてください。

 

 

任意保険を使う場合、
警察から交通事故証明書をもらう必要があります。

 

 

ここはしっかり覚えておくようにしたいですね。

 

 

また、自分たちで交渉などせずに、
相手の名前や住所、連絡先、
車の情報や加入している任意保険を
聞いておいて、
交渉は保険会社に任せるようにしてください。

 

自分たちで支払いの約束などをしてしまうと、
後で面倒なことになる場合があります。

 

 

次ページへ(物損事故の対応)

 

このページの先頭へ

 

TOPページへ

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ