一括で任意保険見積もり!

相手が無保険だったら?

相手が無保険だったら?

自動車を運転するなら
任意保険加入は当たり前なので
交通事故に遭遇しても任意保険で解決できます。

 

 

ただ、中には運転してるけど
任意保険に未加入なんて人もいる
んですよね。

 

 

そこで、無保険の車に事故を起こされた時
どうすればいいのか、このページで解説します。

 

 

まずは人身事故。
人への補償ですね。

 

これは強制保険でもある
自賠責保険から受け取ることができるので
傷害による損害は120万円まで
死亡による損害は3000万円まで
後遺障害は4000万円まで
補償されます。

 

 

また、任意保険には
「無保険車傷害特約」というものがあります。
もし相手が任意保険未加入でも、
この特約を付帯しておけば
死亡または後遺障害を負ってしまった場合、
自分の任意保険から
補償をしてもらうことができます。

(最高2億円まで)
ただ、あくまでも死亡または後遺障害のみなので
単にケガをしてしまったからと言って
この特約を使用することはできません。

 

 

次に物損事故(車両などの補償)、
そして人身事故で自賠責保険の
支払金額(上限)を超えた場合、
補償はどうなるのか。

 

ここが気になるところですよね。

 

 

これは、自分が加入している
人身傷害保険や車両保険から払う

ということになってしまいます。

 

 

もちろん、相手に支払い能力がある人であれば
加害者の相手から補償してもらえば良いですが、
相手に支払い能力がなかった場合、
これが問題
なんです。

 

 

なぜ自分の任意保険を使わなければいけないのか
不満だという方もいると思いますが、
仕方がないことなのです。

 

 

車両保険は使うと等級が下がってしまいますが、
人身傷害保険は使っても等級が下がりません。

 

いざという時の為に
人身傷害保険を契約しておくというのは
大事だということが分かりますね。

 

 

でも、自分の任意保険が使えるのは分かったけど
とりあえず相手に支払ってもらうように
働きかけるのが筋だと思う方もいますよね。
当然です。

 

 

ではどうすれば良いのか。
まず、相手(加害者)と自分(被害者)
の過失割合が10対0の場合、
保険会社は交渉してくれないことがほとんどなので
自分で交渉するということになります。

 

 

非常に面倒ですね。
ここで、弁護士特約をつけておくと
弁護士に交渉を依頼できるので便利
です。
弁護士に任せることができれば
加害者の家族や会社など、
責任を追及できるところから
保証人を立ててもらうことができるかもしれません。

 

 

弁護士特約を付けてない場合は
全て自分でやることになりますが、
任意保険も契約してない人が
簡単に賠償額を払ってくれるとは思いません。
加害者周辺の責任追及も難しいです。

 

 

仮に裁判を起こしたとしても
支払い能力がないので支払いを拒否されてしまう
なんてこともあります。

 

 

結局、思い通りの結果にならないことの方が多い
ということなんですね。

 

 

最後の最後、自分の身は自分で守る
ということで人身傷害保険と車両保険、
余裕がある方は加入しておいた方が良いです。

 

 

全国平均で任意保険に加入してない
車両は2割以上あるので、
いざというときに泣き寝入りしないよう、
準備をしておきたいですね。

 

 

次ページへ(補償される?されない?)

 

このページの先頭へ

 

TOPページへ


ホーム RSS購読 サイトマップ