一括で任意保険見積もり!

補償される?されない?

補償される?されない?

ここまでご覧いただけた方は
任意保険は色んな状況に備えることができる
ということをご理解いただけたかと思いますが、

 

「この場合は相手から補償されるのか?」
「この場合はどこから補償されるんだ?」など
疑問に思うこともあるかと思います。

 

 

このページでは、いくつかの状況を例に出して
補償されるされない、どこから補償されるかなど
解説していきます。

 

 

当て逃げの場合

 

駐車場で当て逃げをされてしまった。
凹みや傷だけが残ってしまったけど
相手から補償してもらうことができるのか?

 

この場合、相手を特定して証明できれば
補償してもらうことが可能ですが、
基本的には泣き寝入り、
自分で修理するしかない

ということになってしまいます。

 

警察もこの程度では動いてくれないので
金額によって車両保険を使うのか、
自腹で直すのかということになります。

 

ちなみに、落書やいたずらは
等級据え置き事故として扱っている
保険会社もあるので、
その場合は確認が必要になります。

 

 

運転代行の場合

 

最近は飲酒運転への罰則が
かなり厳しくなっていますね。
宴会の際に運転代行を使われる方も
多いのではないでしょうか。

 

そこで、代行運転をしてもらってる際に
事故を起こしてしまった場合は
どこから補償されるのか?

 

運転代行業者には
「代行保険」への加入が義務付けられている
ので
事故を起こしてしまった際には
代行業者が契約している保険から
補償がされる
ということになります。

 

自分の任意保険を使う必要はありません。

 

 

レンタカーの場合

 

レンタカーを借りるけど、
任意保険はどうなってるのか?

 

レンタカー会社が任意保険に加入しているので
保険料を含めてレンタカーを借ります。

借りる際に説明があるはずです。

 

ただし、事故を起こしてしまうと
レンタカー会社の任意保険で補償されますが、
その他に、レンタカーを修理してる間の
「休車補償」が必要になります。
これは自分で支払うものになります。

 

 

海外で運転する場合

 

自分の車を海外で運転して
事故を起こしてしまった。
契約している任意保険は使える?

 

日本国内で営業している保険会社は
契約を日本国内に限定しているので
海外で事故を起こしたとしても、
任意保険を使うことはできません。

 

 

 

次ページへ(バイク保険見積もり)

 

このページの先頭へ

 

TOPページへ


ホーム RSS購読 サイトマップ