一括で任意保険見積もり!

三井住友海上の紹介

三井住友海上の紹介

 

 

・設立年月日:1918年10月21日

 

・資本金:1,395億9,552万円

 

・ロードサービス拠点:約4,300ヶ所

 

 

MS&ADインシュアランスグループの強み

 

イラストのように、
MS&ADホールディングスが
三井住友海上、三井ダイレクト、
あいおいニッセイ同和損保を展開しているので、
三井、住友、トヨタ、日本生命グループの
基盤を連携させる強みがあります。

 

 

 

 

【GK クルマの保険】

 

 

【基本補償】(自動セット)

 

■相手方への補償

 

・対人賠償保険

 

・対物賠償保険

 

 

■自分や同乗者の補償

 

・人身傷害保険

 

 

■その他の補償

 

・他車運転特約
 友人や知人などから借りた車で
 事故を起こしてしまった場合に、
 契約にセットされている補償の保険金を支払い。

 

・臨時代替自動車特約
 修理中に借りた車で事故を起こしてしまった場合に、
 ご契約にセットされている補償の保険金を支払い。

 

 

【選べる補償】(オプション)

 

■相手方への補償

 

・対物超過修理費用特約
 相手の車の修理費が時価額を上回り、
 対物賠償保険で十分に補償できない場合に
 50万円を限度に保険金を支払い。

 

 

■自分や同乗者の補償

 

・重度後遺障害時追加特約
 事故により重い障害が残ってしまった場合に、
 人身傷害保険の保険金額の
 2倍の額を限度に支払い。
 また、自宅の改造費用や福祉車両の購入費用なども
 被保険者1名につきそれぞれ500万円を限度に補償。

 

・搭乗者傷害(入通院/2区分)特約
 契約の車に搭乗中の事故により
 ケガをして入院または通院した場合に、
 入院または通院の合計日数が5日未満ならば1万円、
 5日以上になれば10万円を医療保険金として支払い。

 

・ケアサポート費用特約
 家事や介護、育児またはペットの世話をする方が
 事故で入院した場合、
 または入院した方に付き添う場合に、
 ホームヘルパー雇入費用、介護ヘルパー雇入費用、
 ベビーシッター雇入費用、ペットシッター雇入費用など
 1日あたりそれぞれ2万円を限度に支払い。

 

・差額ベッド費用特約
 事故でケガをして、個室に入院した場合などに、
 入院1日目から最大90日間、
 1日あたり15,000円を限度に差額ベッド費用を補償。

 

 

■自身の車などへの補償

 

・車両保険

 

・車両保険無過失事故特約
 一方的に追突された場合など過失がないときに、
 継続契約の等級および事故有係数適用期間に
 影響することなく、車両保険金を受け取れる。

 

・全損時諸費用特約
 事故で契約の車が全損となった場合に、
 車両保険金額の10%(20万円限度)を支払い。

 

・(新車向け)新車特約
 満期日が初度登録(初度検査)から
 61ヶ月以内の契約の車が、事故で新車保険金額の
 50%以上の損害を受けた場合などに、
 新車保険金額を限度に車両保険金を支払い。

 

・(経年車向け)車両全損(70%)特約
 始期日が初度登録(初度検査)から
 25ヶ月超の契約の車が事故にあって、
 損害が車両保険金額の70%以上となった場合に
 全損とみなして補償。

 

・全損時諸費用倍額払特約
 「全損時諸費用特約」の保険金の金額を
 2倍にして支払い。

 

・(経年車向け)車両超過修理費用特約
 始期日が初度登録(初度検査)から
 25ヶ月超の契約の車が事故にあって、
 修理費用が高額になり保険金額を上回る場合、
 その差額について30万円を限度に補償。

 

・レンタカー費用特約
 車両保険の対象となる事故で
 契約の車が使用できなくなった場合や、
 故障やバッテリー上がり等の走行障害などにより
 契約の車がレッカーされた場合に、
 最大30日間、1日あたり保険金日額を限度に
 レンタカーを借りる費用を補償。

 

 

【選べる補償(その他)】(オプション)

 

・搭乗者傷害(入通院/2区分)倍額払特約
・搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約
・地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約
・車内手荷物等特約
・運搬時レンタカー費用特約

 

 

日常生活などのリスクに備える特約

 

・自動車事故特約
・交通乗用具事故特約
・自動車事故弁護士費用特約
・弁護士費用特約
・ファミリーバイク(人身傷害あり)特約
・ファミリーバイク(人身傷害なし)特約
・日常生活賠償特約(保険金額・無制限)

 

 

補償対象外の親の車や友人の車を運転する場合に
24時間限定で保険をかけることができる
「1DAY保険」の取り扱いもあります。

 

 

【自動セット】

 

■応急処置
・パンク時、スペアタイヤ交換…○
・バッテリー上がり時のジャンピング…○
 (保険期間中1回のみ)
・ガス欠時のガソリン配達…○
 (保険期間中1回のみ)
・キー閉じ込み時の解錠…○

 

その他、30分以内の応急処置対応。

 

 

他に記載があるもの…
・落輪時の引上げ費用補償

 

 

■レッカー移動が必要な場合
・レッカー牽引500kmまで対応
・修理後の車引取りの為の交通費負担

 

 

■レッカー後の交通費、宿泊費負担
・交通費
 自宅から20km以上離れてる場合、
 目的地までの交通費を
 1名につき20,000円まで支払い。

 

・宿泊費
 1名につき10,000円限度

 

 

 

【事故受付センター】

 

・24時間365日専門スタッフが受付

 

・夜間、休日でも、安心の初期対応を実施
要望に応じて、相手の医療機関、
修理工場やレンタカー会社などへ連絡。

 

 

【保険金お支払センター】

 

・専門スタッフ
(1)示談交渉サービス
相手との示談交渉

 

(2)入院まごころ訪問
要望に応じてお客様のもとに訪問、
不安な点などにいち早くお答え。

 

(3)紹介ネットワーク
お客様をサポートする弁護士等を紹介。

 

(4)安心コール・安心レター
対応の経過を定期的に報告。

 

 

・技術アジャスター
科学的・工学的な根拠に基づいた
「お車の損傷状態」および「事故状況」の
確認等を行い、事故の早期解決をサポート。

 

・医療アジャスター
医学的な根拠に基づいた
「治療内容」および「ケガの状態」の
確認等を行い、事故の早期解決をサポート。

 

 

 

 

【良い意見】
・被害者が色んな請求をしてきたが、
 示談成立してくれて助かった。

 

・保険料は高いけど、
 保険金からケガのことまで気を配ってくれる。

 

・保険のことに詳しくなくて心配だったけど、
 丁寧に納得いくまで説明してくれた。

 

・事故を起こしてしまった時担当者の対応が良く、
 事故解決までもスピーディーだった。

 

・ロードサービスを手配した時に
 窓口の対応、代車の手配など
 スムーズに済んでありがたかった。

 

 

【悪い意見】
・相手の保険会社が三井住友海上だった。
 被害者に対してやり方が汚い。誠意がない。

 

・対応が遅い、全然連絡がない。

 

・とにかく保険金をケチる。
 査定の金額がおかしい。

 

・担当者の対応が悪すぎる。
 被害者そっちのけで、
 自分たちのことしか考えていない。

 

 

 

 

保険料

★★★☆☆

補償内容

★★★★★

ロードサービス

★★★★★

事故対応

★★★★☆

 

ランク:B

 

他の保険会社と比べても分かるように、
補償内容、特に特約がかなり充実しています。
「こんなにあっても困る!」
そのくらい多いです(笑)

 

ロードサービスも自動セットで
高いレベルのものが用意されているので、
いざという時の備えとしては
文句のつけようがないと思います。

 

 

大手損害保険会社だけあって
事故対応も問題なくこなしてくれそうですが、
その分、保険料は高くなってしまいます。

 

 

次ページへ(ソニー損保の紹介)

 

このページの先頭へ

 

TOPページへ


ホーム RSS購読 サイトマップ