一括で任意保険見積もり!

人身傷害保険

人身傷害保険

3000万円、5000万円
での加入が一般的。

 

 

(使っても等級は下がりません。)

 

 

 

 

金額の設定は、
3000万円、5000万円から1億円、2億円、
無制限まで幅広い
です。

 

予算に余裕がある、もしもの時の備えたい
という方は無制限がオススメです。

 

 

人身傷害保険は
搭乗者傷害保険と同じで
搭乗者全員が補償の対象になります。
(補償も1名ごとに受けれます。)

 

 

これも搭乗者傷害保険と同じで
他に等級が下がってしまう
対人賠償保険や対物賠償保険を使うと
等級は下がってしまいます。
等級が下がらないのは、
あくまでも人身傷害保険を使ったときのみです。

 

 

この保険は治療費や精神的損害など
実際の損害額の支払いをしてもらえます。
(搭乗者傷害保険はケガの部位や症状によって
あらかじめ決められた金額の支払い。)

 

 

もう少し細かく説明しますと、
治療費の実費や精神的損害、
休業損害など実際にかかった費用や損害額を
契約した金額を上限に
責任割合(過失割合)に関わらず支払い。

というのが人身傷害保険です。

 

 

車に乗っているとき以外に、
歩行中に車にはねられてしまった場合などでも
補償を受けることができる
ので、
かなり幅広い保険だということが分かります。

 

ただし、保険会社によって
「歩行中や自転車を運転中も適用」はオプション
となっているところもあるので気を付けてください。

 

 

では、人身傷害保険と搭乗者傷害保険、
一緒に契約してしまっては損をしてしまう、
そもそもどっちかで良いんじゃないの?
と思われる方も多いかもしれません。
そういう考えを反映したのかは分かりませんが、
最近では搭乗者傷害保険は取扱わず、
人身傷害のみを取扱っている保険会社も多いです。

 

 

人身傷害保険だけあれば搭乗者傷害保険は
全てまかなうことができるし、
その分高い保険料をもらえば
保険会社は損をすることはありませんからね。

 

 

では最後に、物損事故の場合、
人身傷害保険で補償してもらうことはできるのか?
ということについて解説します。

 

 

これは搭乗者傷害保険のページで
書いてあることと同じで、物損事故ということは
ケガ人がいないと判断されてしまう場合があります。

 

 

ということは、物損事故で処理をしてもらうと
ケガ人の補償してもらえない可能性があるので、
後からでも変更は可能ですが
人身事故として扱ってもらった方が良いです。

 

 

もし建造物損壊の場合、
免許証に傷がつくということになりますが、
どんな場合でもケガ人がいるときは
人身事故として処理してもらいましょう。

 

 

以上、人身傷害保険について解説しましたが、
基本的に搭乗者傷害保険と考え方は同じです。
違うのは補償の範囲ということだけ
しっかり覚えておくようにしてください。

 

 

次ページへ(車両保険)

 

このページの先頭へ

 

TOPページへ


ホーム RSS購読 サイトマップ