一括で任意保険見積もり!

あいおいニッセイ同和損保の紹介

あいおいニッセイ同和損保の紹介

管理人の見積もり保険料比較結果

 

三井住友海上 137,640
→あいおいニッセイ同和損保 144,700

 

7,060円 高い

 

 

 

・設立年月日:1918年6月30日

 

・資本金:1,000億円

 

・ロードサービス拠点:4,158ヶ所

 

 

MS&ADインシュアランスグループの強み

 

イラストのように、
MS&ADホールディングスが
三井住友海上、三井ダイレクト、
あいおいニッセイ同和損保を展開しているので、
三井、住友、トヨタ、日本生命グループの
基盤を連携させる強みがあります。

 

 

 

 

【TOUGH クルマの保険】

 

 

【基本補償】(自動セット)

 

■相手方への補償

 

・対人賠償責任保険

 

・対物賠償責任保険

 

・対人臨時費用特約
 契約の車の自動車事故により、他人を死亡させ、
 法律上の損害賠償責任を負担する場合に、
 弔問・葬儀参列の際の弔慰金などの
 臨時費用の支出に備えて、
 被害者1名につき20万円を支払い。

 

・対歩行者等傷害特約
 契約の車の自動車事故により、
 歩行中や自転車乗車中の方を死亡させたか、
 ケガにより入院させた場合に、
 対人賠償責任保険で補償されない相手方の
 過失部分を含んだ損害の額を保険金額限度に補償。

 

 

■自分や同乗者の補償

 

・人身傷害自立支援費用特約
 人身傷害対象事故の直接の結果として、
 被保険者が特約に定める後遺障害を被った場合に、
 自立して社会経済活動へ参加するために必要な
 (1)リハビリテーション訓練などの費用
 (2)福祉機器などの取得費用

 

 

■その他の補償

 

・他車運転特約
 被保険者またはその家族が
 他人の自動車を臨時に借用して運転している時の
 事故(対人、対物、人身傷害、車両)について、
 他人の自動車を契約の車とみなして、
 契約の車の契約条件に従い保険金を支払い。

 

 

【選べる補償】(オプション)

 

■相手方への補償

 

・対物超過修理費用特約
 契約の車の対物事故による
 相手自動車の実際の修理費が時価額を上回った場合に
 修理費と時価額の差額に責任割合を乗じた額を
 1事故1台につき50万円限度に支払い。

 

 

■自分や同乗者の補償

 

・人身傷害補償保険

 

・傷害一時金特約
 人身傷害事故により被保険者がケガをした場合、
 治療日数や傷害の部位・症状に応じて一時金を支払い。

 

・交通事故特約
 契約の車に乗車中の事故、
 他人の自動車に乗車中の事故、
 歩行中、自転車乗車中などの自動車事故に加え、
 自転車に乗車中や駅構内の階段で
 転んでケガをした場合など、
 自動車事故以外の交通事故で
 被保険者が死傷した場合に保険金を支払い。

 

・犯罪被害事故特約
 日常生活で犯罪行為を受け、
 被保険者やその家族の方が死傷した場合に、
 保険金を支払い。

 

・人身傷害子ども育英費用特約
 人身傷害対象事故により、
 満18才未満の子供を扶養している方が死亡、
 または重度後遺障害を被った場合に、
 1事故、被保険者1名につき500万円を支払い。

 

・人身傷害サポート費用特約
 人身傷害対象事故に伴い、
 事故後の生活を支える為に必要な
 (1)入院時諸費用保険金
 (2)遠隔地家族臨時交通費用保険金
 (3)介護支援費用保険金
 を支払い。

 

 

■自身の車などへの補償

 

・車両保険

 

・車両価額協定保険特約
 (車両保険契約で自動セット)
 契約時に「契約の車の市場販売価格相当額」
 を価額として協定し、車両保険を定めることで
 保険期間中の経年減価に関わらず、
 協定した価額を限度に保険金を支払い。

 

・全損時諸費用特約
 (車両保険契約で自動セット)
 車両事故による全損や、
 盗難に遭い発見されなかったために、
 車両保険の保険金が支払われる場合、
 車両保険金額の10%(20万円限度)を支払い。

 

・車両保険無過失事故特約
 契約車を使用中の事故で
 被保険者に過失がないことが確認された場合で、
 相手自動車とその運転者、
 または所有者が確認できる場合は
 ノーカウント事故として車両保険を支払い。

 

・買替時諸費用特約
 車両事故で全損、全損以外で損害額50万円以上、
 新車特約セットで
 修理費の額が新車保険価額の50%以上の場合、
 車両保険金額の15%(上限40万円)を支払い。

 

・地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約
 契約の車が地震・噴火・津波により
 全損となった場合、
 定額で50万円(車両保険金額が50万未満の場合は
 車両保険金額とする)を支払い。

 

・新車特約
 車両事故により
 (1)車が修理できない場合、
   または修理費が車両保険金額以上の場合
 (2)修理費が新車保険価額の50%以上の場合
 再購入費用に対して保険金を支払い。

 

・車両超過修理費用特約
 車両保険金額を上回る修理費が発生した場合、
 事故の日の翌日から6ヶ月以内に
 契約の車を修理した場合、
 この2つに該当する車両事故の場合、
 車両保険金額に30万円を加えた金額を限度に、
 実際の修理費を車両保険金として支払い。

 

・「ハートフルリサイクル」
 (リサイクル部品使用特約)
 車両事故で部品交換が必要な場合、
 リサイクル部品の使用を前提とした
 修理費に基づいた車両保険金を支払い。
 契約の際、車両事故時にリサイクル部品を
 使用して修理することを決めることで
 車両保険料を5%割引。

 

 

■その他の補償

 

・弁護士費用等特約
 もらい事故などで、
 他人に損害賠償を請求するためなどの目的で
 弁護士に依頼する費用などを支払い。

 

・個人賠償特約
 被保険者、またはその家族が、
 国内外での日常生活の偶然な事故により、
 他人を死傷させたり、他人の財物を損壊させ、
 法律上の損害賠償責任を負担した場合に、
 保険金を支払い。

 

・車内外身の回り品特約
 契約の車で外出中、または契約の車の日常保管中に、
 偶然な事故による個人所有の
 身の回り品の損害に対して、

 1事故につき30万円を限度に、保険金を支払い。

 

・ファミリーバイク特約
 「人身傷害あり」
 「人身傷害なし」

 

 

 

【自動セット】

 

■応急処置
・パンク時、スペアタイヤ交換…○
・バッテリー上がり時のジャンピング…○
 (保険期間中1回のみ)
・ガス欠時のガソリン配達…○
 (保険期間中1回のみ)
・キー閉じ込み時の解錠…○

 

その他、30分以内の応急処置対応。

 

 

他に記載があるもの…
・落輪時の引上げ費用補償

 

 

■レッカー移動が必要な場合
・レッカー牽引500kmまで対応

 

 

■事故・故障付随費用特約(任意セット)
・交通費負担
 1名につき20,000円限度
 (1,000円の免責金額支払い必要)

 

・宿泊費負担
 1名につき15,000円限度

 

・修理後の搬送費用負担
 自宅、自宅最寄りの保険会社指定場所まで
 150,000円限度。

 

・修理後の引取費用負担
 引取に要した交通費負担、150,000円限度。
 (1,000円の免責金額支払い必要)

 

以上の4つは任意セットなので、
自動で付帯はされません。

 

 

■その他
・運搬・搬送時代車提供特約
 事故などで走行不可能になった時、
 修理工場までレッカー、搬送された場合、
 または契約中の車が盗難にあったとき、
 1,300cc以下の自家用小型乗用車のレンタカーを
 30日を限度に提供。

 

 

・「くるまがくるまで」
 車両保険および事故・故障付随費用特約
 をセットした契約にセットでき、
 事故などで走行不可能になった時、
 修理工場までレッカー、搬送された場合、
 またはそれ以外の車両事故の場合に
 契約の代車クラスに応じたレンタカーを
 30日を限度に提供。

 

 

 

24時間365日事故受付。
連絡後、事故の相手方や修理工場への連絡など、
速やかに初期対応開始。

 

事故解決(保険金のお支払)までの流れや、
保険金の請求手続きの方法などをわかりやすく説明。

 

さまざまな事故に対応できるノウハウを確立した
専任担当者から示談交渉や定期的な経過報告。

 

 

HPに詳しいことがほとんど書いてない。
わざわざパンフレットを見ても
詳しいことが書いていないので、
売る気がないのでは?

 

 

 

【良い意見】
・事故を起こしてしまった時、
 担当者の対応が良く、
 スムーズに事故処理が進んだ。

 

・困っているこちらの気持ちを汲んでくれた。
 事故処理報告の電話もくれて、
 安心して任せることができた。

 

・事故を起こして保険を使う際、
 どの程度保険を使ったら良いのか
 分かりやすく教えてくれて嬉しかった。

 

・ケガをしてしまった際の病院への連絡、
 代車の手配など対応が早い。

 

・保険料は高いかもしれないが、
 特約も幅広く、補償を手厚くできる。

 

 

【悪い意見】
・加害者が100%悪いような事故でも
 被害者にあり得ない過失割合を言ってくる。

 

・こちらは被害者なのに、
 相手の担当者が上から目線。

 

・弁護士特約を付けていたから良いものの、
 保険料が高い割に全然動いてくれない。
 お客様への対応という認識がないのでは。

 

・担当者と相手とで
 しっかり話し合いがされていない。
 どうすればそんな結果になるのか説明してほしい。

 

 

 

 

保険料

★★☆☆☆

補償内容

★★★★☆

ロードサービス

★★★☆☆

事故対応

★★★★☆

 

ランク:C

 

自動セットの補償から
充実したオプションの特約まで、
補償内容は魅力的です。

 

ロードサービスは特約にしているものもありますが、
そこまで保険料に還元されている訳でもなさそう。

 

保険料の高さは気になります。

 

大手のノウハウがあるので
事故対応はそれなりにやってくれているようですが、
事故対応の内容、処理の実績など、
もっとHP上で分かりやすく掲載して欲しいです。

 

 

次ページへ(そんぽ24の紹介)

 

このページの先頭へ

 

TOPページへ


ホーム RSS購読 サイトマップ