一括で任意保険見積もり!

等級

等級

正式には「ノンフリート等級」というものですが、
一般的には「等級」で通るでしょう。

 

 

ちなみに、
「ノンフリート契約」と言うのは
9台以下での契約の場合で、
10台以上で契約する場合は
「フリート契約」となります。

 

 

新規で任意保険を契約する方は
6等級からスタートということになります。
(最低1等級、最高20等級)

 

 

そこから保険事故を起こさなければ
1等級ずつ上がっていって
保険料が段々安くなっていきますが、
保険事故を起こしてしまうと
3等級も下がってしまいます。

 

 

任意保険を使っても
等級が下がらないケースもある
ので
「保険を使うと等級下がるから…」
と決めつけずに、確認が必要かと思います。

 

 

では、等級による割引率を紹介します。
保険会社によって多少の誤差はありますが、
参考の数値を載せておきます。

 

 

 

等級

【事故無等級】
保険料割引率(%)

【事故有等級】
保険料割引率(%)

20

-63

-44

19

-55

-42

18

-54

-40

17

-53

-38

16

-52

-36

15

-51

-33

14

-50

-31

13

-49

-29

12

-48

-27

11

-47

-25

10

-45

-23

9

-43

-22

8

-40

-21

7

-30

-20

6

-19

-19

5

-13

-13

4

-2

-2

3

+12

+12

2

+28

+28

1

+64

+64

 

 

−解説−
【事故無等級】
【事故有等級】とは…

 

 

これは事故を起こしてしまうと
次の年から3年間は事故有等級の適用、
つまり割引率が事故無等級よりも
低くなってしまうということです。

 

 

事故を起こして3等級ダウンしてるのに、
さらに割引率が下がるなんておかしいじゃないか!
と思う方もいるかと思います。

 

 

確かにそうです。
以前はこんなことはありませんでした。

 

 

しかし少子高齢化が進んでしまい、
高齢者の自動車事故は増えているのに
若者が減ってしまって任意保険の
新規契約数が減ってしまっている
のです。

 

 

そうなると保険会社も赤字になってしまいます。
そこで、この【事故有等級】というものが
2013年4月より適用開始となったわけです。

 

 

ちなみに、1等級だけダウンするという
保険事故もありますが、
その場合は1年の事故有等級になります。

 

 

なんとしても保険事故は起こしたくないですね。

 

 

次ページへ(料率クラス)

 

このページの先頭へ

 

TOPページへ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ